虫歯治療の方法にはいろいろありますが、基本は「取り除く」ことです。穴が開いてしまった状態では自然治癒しません。エナメル質が溶け出していない場合はもう一度石灰化(再石灰化)して元の健康なエナメル質に回復することもありますが、基本的には細菌に犯されてしまった病的な歯質は取り除く必要があります。

虫歯の治療

​【つめる】

◆虫歯治療の方法◆

明らかな実質欠損を認める場合は、残念ですが歯を削らざるを得ません。また、C3以上の

虫歯になりますと、いわゆる歯の神経を取り除くことも必要になり虫歯治療としてはかなり厄介です。ですが、歯根が健全な状態であれば根気よく加療することで機能的な歯に修復することが可能です。あきらめて放置しないで頑張って通院しましょう!

虫歯の範囲がさらに広い場合は、型を採り被せる必要があります。

◆つめる、はめ込む、被せる◆

虫歯治療には大きく分けて3つの方法があります。

それは「つめる」「はめ込む」「被せる」の3つです。

「つめる」・・・

虫歯の範囲が狭い場合で、通常は一度の処置で治療は完了します。

「型を取ってつめる(はめ込む)」・・・

虫歯の範囲が広い場合は、型を採る必要があります。

「被せる」・・・

最低でも二回以上の治療回数がかかります。

最低でも二回以上の治療回数がかかります。

​上の電話マーク押すと

 電話がかけられます